TEL: 092-804-4682 (平日 9時-18時) お急ぎの方へ

ビニール袋とポリ袋の豆知識

当サイトでは、ポリ袋の印刷商品に「通称:ビニール袋」と併記しています。
その理由とビニール袋とポリ袋の違いを紹介いたします。

このページでわかること

「ビニール袋」は本当は「ポリ袋」?

日常生活で良く見かけるスーパーのレジ袋や家庭のゴミ袋。
みなさんは、これらの袋を「ビニール袋」と呼んでいるのではないでしょうか?

しかし、一般的に「ビニール袋」と呼ばれているものの大半は「ポリエチレン」や「ポリプロピレン」製フイルムでできた「ポリ袋」です。「ビニール袋」とは、本来、塩化ビニール製樹脂製フイルムでできている袋のことを指します。

日本では塩化ビニール樹脂の方が歴史永く、「ビニール袋」という呼び方が一般化しています。
当サイトに掲載している手提げ袋も「ポリエチレン袋」ですが、「ポリ袋」と「ビニール袋」の違いを知らない方にも弊社サービスのご案内をお届けできるように、あえて「ビニール袋」という表現を併記しています。
※弊社業務上や業界内ではポリエチレンとビニールは区別しています。

ポリ袋(ポリエチレン)は燃やしても安全です!

ポリ袋は焼却すると水と炭酸ガスになり、塩化水素などの有害ガスは発生しません。ダイオキシンも発生しませんので、安心してご使用いただけます。

また塩化ビニールについても、以前は「燃焼時のダイオキシン発生説」が流布しましたが、現在では「ほとんど関係ない」ということが知られています。

「ポリ袋」は加熱することで別の形状に再加工できます。
繰り返し利用でき、安全に焼却処分もできるので、環境にやさしい商品です。

このページでわかること
閉じる